ZOZOTOWN前澤社長 月旅行へ行く気満々

ニュース

ZOZOTOWN前澤社長 月旅行へ行く気満々

出典 http://alleofficial.com

注目度満載

前沢社長彼女はあの有名な剛力彩芽ちゃん

実は噂ばかりが先に立って計画そのものは曖昧だった気がします。

どうしてもZOZOTOWNの前沢社長とか恋人の剛力彩芽ちゃんとか、そっちの方ばかりに注意がいってしまうので、月旅行計画のことを調べてみたのです。

この計画を立ち上げたスペースX社は、民間のロケット打ち上げの会社ですが、Nasaにも機体を供給する第1戦で活躍する会社です。

民間の会社としては、トップレベルにあると言っていいでしょう。

この計画も、ある程度のところまでは形になっているようですね。

試験打ち上げの様子

こちらの会社の最新鋭のロケット、BFRはペイロード100トンと聞きます。

ロケット本体はNASAの月旅行にも使われたサターン5型には及びませんが、およそ2000トンのものを打ち上げられると聞きます。

参考までに月旅行で使われたサターン5型は、3000トンの打ち上げ能力です。

BFRは、人を運搬することに特化して月旅行に行くようですね。

ただし、計画はこれからいくつも乗り越えなければいけない課題があるようです。

もともと衛星打ち上げや荷物の運搬を専門に請け負っていた会社なので有人飛行計画は全くの未知数なのです。

人を乗せていくわけだから、ぶっつけ本番はあり得ません。

安全性や、快適性、また宇宙飛行士の訓練など、これから課題は山積みです。

莫大なお金がかかるわけですね。

みんなが興味あるのはこちらかな?

なるほど大変な費用がかかるわけですね。

いろいろ調べてみると、前沢社長のこういった振る舞いに批判的な意見もずいぶんありますね。

チャリティーみたいなことをやればこれだけのお金で一体どれだけの人を救えるのかとか。

値段の高いものばかりを買い漁っているとか。

思うにたいていの批判は、ひがみやっかみのレベルです。

前沢社長本人が気にする事はほとんどないと思いますね。

計画がきちんと実行されて月に行って帰ってこれるのならそんな素晴らしい事はないと単純に思いますが。

前沢社長は今も進化しつつある人がと考えます。

まぐれでこれだけのお金持ちにはなれません。

お金に好かれる才能があるのは間違いないですが、ご自身だってかなりの努力をされているはず。

普通努力している部分は人には見せませんので。

派手な部分だけが目についてしまうのは致し方ないところ。

Twitterまとめ

Twitterの内容も言いたい放題ですね。

なぜか暖かく見守る目線のものは無いように感じました。

要するにみんなうらやましいと思ってるんでしょう。

正直世界が違うなとは思いますが、こういったこともあるのかなと感じる人は多いんじゃないですか。

まとめ

出典 http://public2.potaufeu.asahi.com

月旅行はおよそ1週間の行程ですね。

この図で見てわかるように、月の周回軌道に入ってぐるぐる回るわけではありません。

スタンバイ方式と言って裏側をぐるっと回ってUターンして帰ってくる。

アポロ13号が事故に見舞われて取った方法ですよね。

それでも数時間は月の裏側までしっかり見ることができるでしょう。

結構なことだと思います。

単純な興味ですが、剛力ちゃんは一緒に行くんでしょうか。

どちらでもいいんですが、民間の計画で、単なる観光でこれだけのプロジェクトとなると注目度は大変なものだと思います。

時代の最先端を走る点で、まさに先駆者と言って良いのだろうと思います。

2023年の実行を目指しているらしいです。

どのようなシュミレーションかは分かりませんが 、これから有人飛行などの納得のいくだけの実験が始まるはずです。

大いに注目ですね。

せめて健康維持するために

時代に取り残されたくない。

若さを失いたくない。そう思った方は試してみてもいいかも。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ