はやぶさ2 アンタはえらい!

ニュース

はやぶさ2 アンタはえらい!

出典 http://wordleaf.c.yimg.jp

はやぶさ2ってなんか けな気

出典 http://portal.st-img.jp

ミネルヴァの実際の大きさ 参考までに

リュウグウの地表から

リュウグウに降り立ってからの映像。

とてつもない彼方で、これだけ鮮明な画像を撮影しているんですね。

惑星探査の苦労はなんといっても長期間にわたってメンテナンスが必要なこと。

前回のはやぶさの時もそうだったですが、運行途中にトラブルに見舞われ、大幅に時間が遅れた経緯がありました。

このときの神対応は全世界から賞賛され映画にもなりましたね。

日本のプログラム技術を始めとする、粘り強く問題に取り組む姿勢は誰もが見習うべきことだと。

はやぶさ2はこの初代の経験を踏まえての計画なんですね。

今プログラムのおよそ半分を消化したところ。

順調に進んでいるようです。

夢のある物語がまた1つ拵えつつあるわけですね。

記者会見のときの様子

こちらは全部の映像が出ているので長いです

小惑星リュウグウにたどり着くまででも結構大変な旅なんですが、詳しく見てみるとミッションの内容がたまげるほど高度なんですね。

今回のミッションでも、小惑星にたどり着いた後、小さな探査機2機をまず投下して、主な探査を終了させます。

その後がすごいことには、いちどはやぶさ本体が小惑星に近づき、爆発物を投下。

その後はやぶさは一旦上空に避難した後、爆発時は小惑星の影に隠れます。

爆発の後、元の位置に戻って着陸をし、爆発で砕け散ったクレーターの中でサンプルを採取します。

この爆発に備えて避難するあたりのプログラムは一体誰が考えたんでしょうか。

この合理的な対応は日本ならではのマインドかなと思いますね。

サンプルを採取した後は後は帰路につくばかりです。

東京オリンピックの年に帰還する予定。

Twitterでの投稿

まとめ

出典 http://www.hazardlab.jp

前回のミッションの時は、知っての通りたくさんのトラブルに見舞われたんです。

それは帰還途中で起こって、大幅に予定が遅れたことがありました。

しかしその時の神対応は世界中から賞賛され映画にもなりました。

どんなに厳しい状況にあっても、決して諦めることなく可能性を探る危機管理能力。

日本人として世界に誇れる快挙であったと思います対応は世界中から賞賛され映画にもなりました。

どんなに厳しい状況にあっても、決して諦めることなく可能性を探る危機管理能力。

日本人として世界に誇れる快挙であったと思います。

今回のはやぶさ2は初代のこの経験が生かされているわけです。

危機管理に対する備えが、かつてない位綿密に計画されているらしいですね。

また計画の細かな内容は、あらかじめ組んだプログラムとは思えない位、詳細なデリケートなものでもあるんですね。

今計画はちょうど半分過ぎたところと聞きます。

これから帰還に向けてのプログラムが機能するわけですね。

今から2年後、東京オリンピックの年。首を長くして待つようです


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ