りゅうぐうを目指すはやぶさ2 夢とロマンの物語

ニュース

りゅうぐうを目指すはやぶさ2 夢とロマンの物語

出典 http://nge.jp

物語はここから始まった

1度は諦めかけた計画を再チャレンジして成功させている

はやぶさは2003年5月に内之浦宇宙空間観測所よりM-Vロケット5号機で打ち上げられ、太陽周回軌道(他の惑星と同様に太陽を公転する軌道)に投入された。その後、搭載する電気推進(イオンエンジン)で加速し、2004年5月にイオンエンジンを併用した地球スイングバイを行って、2005年9月には小惑星「イトカワ」とランデブーした。 約5か月の小惑星付近滞在中、カメラやレーダーなどによる科学観測を行った[注釈 2]。次に探査機本体が自律制御により降下・接地して、小惑星表面の試験片を採集することになっていた。 その後、地球への帰還軌道に乗り、2007年夏に試料カプセルの大気圏再突入操作を行ってパラシュートで降下させる計画であったが、降下・接地時の問題に起因する不具合から2005年12月に重大なトラブル[注釈 3]が生じたことにより、帰還は2010年に延期された。 2010年6月13日、サンプル容器が収められていたカプセルは、はやぶさから切り離されて、パラシュートによって南オーストラリアのウーメラ砂漠に着陸し、翌14日16時8分に回収された[4]。はやぶさの本体は大気中で燃えて失われた。 カプセルは18日に日本に到着し、内容物の調査が進められ、11月16日にカプセル内から回収された岩石質微粒子の大半がイトカワのものと判断したと発表された[5][注釈 4][注釈 5]。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

このはやぶさ帰還の物語は、映画にもなるほど広く世の中に知れ渡った。

夢と希望を乗せたはやぶさであったが様々なトラブルに見舞われる中、推進ロケットの致命的な不具合によって1度は帰還不能となったのである。

しかし技術者たちの懸命な努力は不具合の起こったイオンエンジンのプログラムを再インストールする離れ業をやってのけて、5年ののち帰還することに。

今からもう10年以上も前の話であるが、日本の技術力はまさに世界トップの実力と言っていいだろう。

いよいよ物語の続きが始まる

はやぶさ2は、前回のミッションを上回るだけの複雑なマニアルが組まれている。

何事もなければ、間違うことなくミッションは遂行され、2年後には地球に帰還することになるだろう。

はやぶさ自体が、およそ600kgちょっとの衛星である。

はっきりって決して大きくは無いのだ。

しかしその小柄な体に組み込まれたプログラムは、夢を抱き続けた者たちの真髄とも言うべきメカニズムである。

今回も大勢の人たちが注目するであろう、このプロジェクトは必ずや成功するに違いない。

ミッションは離れ業の連続

実に複雑に巧妙に組み上げられたプログラムと言える。

リュウグウにたどり着くことも離れ業だが、そこからのプロセスが実に巧妙にできている。

撮影だけではなく、様々なアプローチを試みてそこの土なり岩なりを持ち帰る計画。

イトカワの時もそうだったが、とても難しい作業となる。

この1連のプログラムは、直前に地球からの指令で行われるが、このやりとりを成功させる様々な想定値をインストールするはずである。

今更ながらその試みの凄さに脱帽である。

Twitterまとめ

マニアの方たちもいよいよ注目度が高まる

まとめ

出典 http://www.nikkei.com

このミッションのことを知るにつれ、いよいよ期待は高まっている。

はやぶさが帰還したときにその映像を見て多くの人が感動した。

与えられた任務をきちんと全うして自らの命を終えるのである。

日本人はこのようなストーリーに極めて感動しやすいと言える。

今回も同様の物語を紡ぐことに。

JAXAからは、その都度ミッションの詳しい公式発表がなされるだろう。

その時の報道を心から楽しみに待ちたい。

いつものキュレーションサイトで記事として作成。

無人探査機とは言え、ロケットには限りない夢とロマンが感じられるのです。

かく言う私はアポロの月着陸世代。
1969年の7月 高校1年生の私が胸ときめかせて見た物語の続きである。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ