加山雄三さん所有 光進丸 無残

ニュース

加山雄三さん所有 光進丸 無残

出典 http://i.ytimg.com

加山さんにとっては分身のような光信丸

西伊豆町の安良里漁港で、俳優で歌手の加山雄三さんが事実上のオーナーのプレジャーボート「光進丸」が炎上した火災は3日午後3時半に鎮火が確認された。

 下田署などによると、同船内では係留中はカビなどが生えないよう外から電源ケーブルを引いてエアコンを常に稼働させた状態になっており、同署では電気系統の不具合などがなかったか、慎重に調べることにしている。

 同署によると、火災があった1日は午後1時ごろから約1時間にわたって船を所有する造船会社の社員がエアコンの稼働状態を確認するため、船内に入っていた。その後、施錠して下船したが、船内での点検では異常は見つからなかったという。船内に入ってのエアコンの点検は不定期に行われていた。

 火災は午後9時ごろに発生。船は漁港から約20~30メートル沖に係留されており、今年は1度も出航していない。

出典 http://news.livedoor.com

加山雄三さんにとってはまさに分身とも言える大型船。

昭和50年代の船でおよそ25年前のものと言われている。かなりレトロ感漂う船だが、内装その他にこだわりがあっておよそ5億円ほどの値段らしい。

全長25m、重さ104t。個人所有のクルーザーとしてはかなり珍しいと言える。

若い頃から海の男としてイメージが定着。

光信丸に招待された芸能人も数多くいるようだ。

ご本人の記者会見

出火原因はまだ調査中とのことだが、火災の起こった当日、船内のメンテナンスのために業者が立ち入ったようである。

エアコンその他の調整との事だが、今回の家事と関係があるのかないのか、いずれはっきり分かるものと。

加山雄三さんにとってはまさに悲劇と言っていいかも。

光信丸とともに暮らす

Twitterまとめ

まとめ

出典 http://hebinuma.com

クルーザーでの船の過ごし方と言えば、この写真にあるような装備を想像します。

こちらのはビルゲイツが使ったらしいです。

加山雄三さんの光信丸はここまでのものではないにせよ、そのレトロ感とこだわりの内装で高級感はたっぷりだったでしょうね。

船を愛する人の心の中は、他の車や飛行機とも少し似ているかもしれませんが、思うにそれ以上だと感じます。

船って女性名詞って知ってましたか?

船そのものは女性としてカウントするのです。処女航海と言う具合に。

特別な愛着が沸くのも無理からぬことと思う次第。

時間の流れを忘れて波間に漂うのはまさに憧れ。加山雄三さんの思い入れが伝わってきますね。

加山雄三さんは現在81歳。もうかなりのおじいちゃんのはずですがすこぶる元気です。

果たしてこれからもう一度船を再建するのかどうかは分かりませんが、今までと同じように光信丸の歌は歌い続けるようです。

記事作成はキュレーションサイトで。

今月1日の日の夜に火事が起こりました。確かにニュースの速報で流れたのですが、いずれきちんと調べてみようと思っていた矢先でしたね。

人ごとながらとても気の毒で残念です。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ