笑えない 違反切符のお話し

ニュース

笑えない 違反切符のお話し
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

出典 http://safetyrec.jp

こちらの引用を見ていただくとその違いがよくわかる

違反切符の種類は、白、青、赤の3種類

白切符は点数切符(てんすうきっぷ)といわれ「告知票」と書かれている書類です。

白切符といわれるだけあって、白色をしています。

こちらが交付されるのは、交通違反の点数が定められているものの、反則金は定められていない違反をした場合に交付されます。

違反点数が加算されるだけで、反則金を納める必要はありません。

違反点数が定められていて、反則金が定められていない違反行為というのは、それほどたくさんはありませんが、以下のような違反行為がその例です。

座席ベルト装着義務違反
幼児用補助装置使用義務違反
乗車用ヘルメット着用義務違反
保管場所法違反(道路使用)
保管場所法違反(長時間駐車)
警察官現場支持違反
警察官通行禁止制限違反

出典 http://trendersnet.com

青切符は、交通反則切符(こうつうはんそくきっぷ)といわれ、「交通反則告知書・免許証保管証」と書かれている書類です。

この書類は青色をしており、行政処分には至らない軽微な違反で反則金額が定められている違反をした場合に交付されます。

なお、反則金を納めるための「納付書」も同時に交付されます。

反則金を納付すれば、それ以後、国から訴えられるということはなくなり、手続きは終了となります。

もっとも、反則金を納めることは任意で、定められた期日までに反則金を納めない場合は、刑事手続きに移行します。

青切符の対象となる違反行為は、非常にたくさんありますが主なものは以下です。

速度超過(30km未満)
信号無視
通行禁止違反
追い越し違反
指定場所一時不停止
放置駐車違反(放置違反金制度あり)
整備不良
携帯電話使用等
割り込み
無灯火
定員外乗車

出典 http://trendersnet.com

赤切符は、交通切符(こうつうきっぷ)、正式には「道路交通違反事件迅速処理のための共用書式」といわれ、「告知票・免許証保管証」と書かれている書類です。

こちらは行政処分が科されるような違反をした場合に交付されるものです。行政処分というのは、免許停止や免許取り消しなどの処分のことですね。

ですから、点数が6点以上の違反の場合に交付されることが多いわけですね。

刑事手続きを予定している

この書類は、行政処分に加え、刑事手続きを予定していることが大きな特徴です。

赤切符を交付されたということは刑事手続きに入ったということにもなります。

青切符の場合は、交通反則制度という行政上の措置により、反則金の納付によって刑事処罰を免除するという手続きになることが多いですが、赤切符の場合は、当初から刑事処罰のための刑事手続きを前提にしているということです。

司法(裁判所)も関係してくる

行政というのは、三権分立制度でいう、司法、立法、行政の「行政」で、ここでは都道府県警察のことをいいます。交通反則制度の場合は、この行政の判断だけで手続きを処理することができるということですね。

これに対して、赤切符の場合は、刑事手続きを前提としていて、違反行為をしたことに間違いがないと判断されれば、罰金や懲役、禁固などの刑事罰が科されることになります。

この刑事罰を科すためには、三権分立制度でいう「行政」の判断だけでは足りず、「司法」(裁判所)が判断しなければならないことになっています。

ですから、青切符の場合とは違った手続きになるわけですね。

もう少し詳しくいうと、刑事罰を科すには

警察が捜査
検察が捜査・起訴
裁判所の裁判官が判決


という流れで手続きを経る必要があります。

もっとも、交通違反事件の場合は、事件の数が多いため、これらの流れを簡略化して効率的に処理しようということで、簡易裁判所(交通裁判所)で略式裁判という形で簡素な手続きで済ますことができるようになっています。

実際、略式手続きの場合は、上記の一連の流れが一日で終わるようになっています。

実際の感覚としては、言われるままに窓口をあちこち回っているうちに終わっちゃったな、という感じだと思います。

出典 http://trendersnet.com

確かに詳しく知りたいとは思わないかな

違反切符を切られた経験をお持ちの方は多いはず。

かく言う私も白青の2種類は切られた経験が。幸いにも赤切符だけはまだ。

白切符は確か、シートベルトの着用違反だったと思う。

青切符は、スピード違反と駐車違反かな。

どれも皆、ありがたいものではない。

大抵の場合は、運転手の側に非があるので、特に申し立てすることがなければ、素直に手続きに応じた方が良いと感じる。

これらの切符を切られたときに共通の事は、皆、不意打ちだという事。

気持ちの準備ができないうちに、捕まってしまうのだ。

違反をしているのだから文句の言いようもない。

切符を切るときのおまわりさんは、大抵それほど説教をする口調では無い。

事務的にことを進めていく。

違反切符を切られたときは、二度とするまいと誓うのだが、長く運転をしているとどうしても複数回お世話になってしまう。

取り締まりの時の様子

切符を切られるときに、必死で抵抗すれば逃れられると思っている人はどのくらいいるのだろうか。

個人的な感想だが、じたばたと往生際が悪いのは実に見苦しいと思う。

自身の非を指摘されたのならば、とりあえずは素直に従うべきだと思うのだが。

確かに逃げ得と呼ばれるものもあるようだ。

なるべく見苦しくならないようにしたほうが、後々気分が良いのではないか。

Twitterでのやりとり

お巡りさんがしっかりお説教してくるときは、平謝りに謝って許してもらう例は多少はあるようだ。

私も駐車違反になりそうなのを見逃してもらったことがある。

ただしいつも必ずそんなことにはならないはず。

切符を切られる覚悟は運転手である以上は持っておいた方が良いかも。

まとめ

出典 http://www.photolibrary.jp

どんなに気をつけていてもハンドルを握る以上は違反の可能性は否定できないです。

なるべく交通ルールを守って運転できれば良いのですが、基本スピードや何かを見ても制限速度で走る人は少数派ですね。

ほとんどの人は制限速度の10〜20kmオーバーで走っているのではないでしょうか。

当然捕まれば、アウトですね。

しかしながらネズミ取りとかで捕まったときの経験で言うと、大体はオーバーしたスピードがー10km程度に設定されているようです。

この辺が警察の、なかなか味のある配慮と言うべきか。

スピード違反は、30kmオーバーだと赤切符なのですが、大抵の場合は少なめに取り締まっている気がします。

もちろん全国どこでも間違いなくこのように設定しているわけではないでしょう。

オーバーしたスピード分を、きっちりと摘発される場合も多々あるものと思います。

いつも運転する道路ならば、取り締まりをやっている区間がなんとなく情報として分かるものと思います。

せめてそこぐらいは安全運転をして、捕まるリスクを回避しなければいけないですね。

それ以外のところは交通の流れに乗って、と言うのが私のルールです。

何年か前に、パトカーに追跡されて捕まったことがありました。

その時思いましたね。当然後に付かれるわけだから、バックミラーを時々見ていれば気がつくだろうと思いつつ、そこに気がつかなかった。

自分自身の注意力も歳とともに衰えてきてるのだと。

それからは、今までのようにビュンビュン飛ばせる事は少なくなりましたね。

何の自慢にもなりませんが。

運転に対するポリシーとして、第一にあげるのは、「事故を起こさない」こと、「事故に巻き込まれない」ことが挙げられます。

私の場合次に来るのが捕まらないことです。

制限速度を守ってきちんと運転すれば良いだろうと、そのこともよくは分かっていますが、思うに交通の流れは制限速度を守ってという事でもなさそうなので、私は流れを妨げないことを採用しているのです。

記事作成はキュレーションサイトでいつものように行いました。

AIを使って様々調べましたが、私もそれなりに経験しているので、報告も兼ねての記事です。

違反切符を最後に切られたのは、もう7年位前になります。

おかげさまで今はそれなりに自重もしているのでゴールド免許です。

可能な限り、この免許のまま継続したいと思うんですね。

しかし車の運転で言うのならば、免許を返上してタクシーその他の交通機関を使っても、多分、かかる経費は車を所有するのと同じ位だろうなと思うので、将来的には免許返上もありだろうなと、締めくくりたいと思います。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう