映画の中の名車 マッドマックスで登場したインターセプター v8 をチェック

ニュース

映画の中の名車 マッドマックスで登場したインターセプター v8 をチェック

出典 http://images.ciatr.jp

マッドマックス 初回の作品は1,979 年。かなり古い映画

ベースの車はフォード73年型クーペ XBファルコンGT

出典 http://assets.hemmings.com

映画の設定でも、部品をかき集め作ったインターセプターとされていた。

V8エンジンにスーパーチャージャーを搭載し、大幅な出力アップを狙っていた。


この車が出てくるのは映画の後半。

このパワーを秘めた車の走りで映画自体が一気に引き締まったものになったと記憶。

自分の妻と子供を殺されたマックスが復讐に燃えるストーリー。

こちらはマニアの作ったレプリカ

古い車でも、マニアはオリジナルのベースの車両からレプリカをこしらえてしまう。

レプリカとは言え、スーパーチャージャーの強制過給器の音を響かせながら走る姿は、かなりの迫力が。

ただしこのタイプの車は、著しく燃費が悪いはず。

マニアはそういったことをまるで気にしない人たちなのだ。

この映画でインターセプターは自爆してなくなってしまったのだ

確か第二作目の映画だったと記憶。

最初のシーンで、インターセプターが自爆してなくなってしまう様子が。

しかしながら後半にはまた別のインターセプターが登場してきたはず。

第一作でやっとの思いで作ったこの車も確か何度か破壊される憂き目に合っていたと思った。

Twitterまとめ

TwitterではV8の決めポーズの投稿が多いですね。

当時V型エンジンは結構流行で人気でしたもの。

今はまた直列エンジンに戻りつつあるとの話を聞きますね。

まとめ

出典 http://storiesgadget.jp

このインターセプターの特徴はボンネットの上に飛び出たスーパーチャージャーの形。

明らかに視界は悪くなっているのだが、ここまでして出力を得たかった物語のストーリー性を強く感じる。

はびこる悪党に対応するために作られた特殊なパトカー。それがこの車のコンセプト。

この得意な車のデザインに憧れて、車のオーナーになりたがる人はやはり多い。

バックトゥーザフィーチャーのデロリアン同様 根強い人気がある。

映画は好きでよく見るし、マッドマックスの何作目かは映画館で見た記憶が。

最近のシリーズでは変わってしまったが、主役のメルギブソンはこの映画で一躍ブレイクした。

ストーリー自体が、どうやら普遍的に受け入れられている様子。

キュレーションサイトで記事を作成。

車のことも昔から興味があったので映画の中に出てきたものはどうしてもチェックをしてしまう。

調べてみるとこんな感じの内容に。

思いのほか古くてびっくりですね。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ