戦車の最新鋭とは

ニュース

戦車の最新鋭とは

出典 http://eaglet.skr.jp

陸上戦では最強とされてる

通常、陸軍の装備の中でも最も重要かつ破壊力のあるのは戦車。

第一次世界大戦の頃から使われているので歴史はほぼ100年。

最新鋭のものはずいぶん様変わりしてきて、様々な国で第4世代と呼ばれる新しいタイプの戦車が作られている。

戦車に関わるざっくりとした歴史

日本の自衛隊の戦車の優れていることは 世界のトップレベル

乗務員用のクーラーはついていないらしい

実は北海道在住の私にとって、陸上自衛隊に配備されている10型戦車は意外となじみがあるのだが、実物を見る機会がほとんどないのです。

今は地元の人たちにも公開がずいぶん進んでいて、見学会のようなものが毎年企画されていますね。

基本的には戦争するための道具だと認識するので、決して遊び半分で扱ってはいけないと思わなければならないです。

日本の自衛隊の戦車は当たり前の事ですが国産です。三菱製だと記憶します。

非常に優秀であると評判ですね。

実戦配備されているので、日本の場合、訓練でしょっちゅう使われる。

素朴な疑問として、当然中に何名かオペレーターが乗り込むので、その乗り心地であるとか、操作のやりやすさとか気になるところなんですね。

またかなりの維持費がかかるとは思うのですが、燃費とかも興味があるのです。

Twitterでの投稿

まとめ

出典 http://i.ytimg.com

日本の戦車の場合乗組員は3名だそうです。

主砲の弾丸の充填を自動で行えるようにしているため、1名少なく乗り組むようです。

しかし、エアコンなしでの乗務は、夏などは大変なことになるでしょう。

やはり戦争を想定しているのだと思わざるをえません。

調べたところによると燃費もすこぶる悪いようですね。

燃料タンクはどの洗車も大抵1000Lほど搭載します。そこからざっくりとした計算をすると1リッターあたり200メートルからせいぜい400メートル程度しか走ることができません。

一般的な戦車の場合、燃料を50リッター積んでもせいぜい17キロ程度しか走れないようです。

普通の車とは使用目的が全く異なるので、状況判断はしにくいですね。

日本の場合は、国土を守ることが第一の理由になるので、今は相応しいものが配備されていると思うしかありません。

キュレーションサイトで記事を作っています。

AI付き、無料のお試しバージョンありで、気軽に誰でも記事を作ることができます。

私程度のこのぐらいの記事ならば、普通に皆さん作れるでしょうね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ