徳大寺有恒さん間違いだらけのクルマ選びで伝えたかったこと

ニュース

徳大寺有恒さん間違いだらけのクルマ選びで伝えたかったこと
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

出典 http://www.ms-musashino.co.jp

モータージャーナリストの第一人者

とにかくダンディーでかっこよかった

名前は「できるだけ偉そうにしよう」と決定したペンネームであり[2]、公家・徳大寺家と姻戚関係はない。

「間違いだらけのクルマ選び」を出版する前は、本名・杉江 博愛(すぎえ ひろよし)として活動していた。なお、徳大寺がわせだ書房の編集者だった頃に名刺を渡した豊田有恒は「有恒という名前が記憶に残っていたため、ペンネームに採用したのかもしれない」と述べている[3]。

日本を代表するクルマの第一人者的評論家として高い評価と知名度を得ていた。他の評論家と比べると、車の乗り方から、男の生き方、経済批評まで間口を広げているのも特徴であった。

「NAVI」(二玄社)や「ベストカー」(三推社)、「ENGINE」(新潮社)などの自動車専門誌や「MEN'S EX」(世界文化社)などの男性ファッション誌、テレビ、新聞、各種講演などを中心に幅広いジャンルで活躍していた。カーグラフィック(二玄社)創刊編集長の小林彰太郎や、岡崎宏司、27年間続いたTV番組新車情報の司会を務めた三本和彦などともに日本を代表する自動車評論家の一人であった。

かつては日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の選考委員を務めていたが、COTYの運営方針やメーカーの接待攻勢等に疑問を持つようになり、1990年代前半に退任した。

カーメーカー・ブランドなど外国語の日本語表記について、原語に近い発音に拘ることで知られていた。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

Twitterで熱心に情報発信されていたんですよ

亡くなられたときの速報 74歳は若い

車への思いいれは筋が1本通っていた

うわべだけの目新しさを叱る

 1976年に刊行された「間違いだらけのクルマ選び」(草思社)のシリーズ第1作で、彼が最も高く評価したのは、フォルクスワーゲン・ゴルフだった。高い剛性のスクエアなボディーで居住性を確保しつつ、優れた直進安定性を実現。長時間ドライブしても疲れないシートや、キビキビ走る低燃費ディーゼルエンジンなど、質実剛健ぶりをベタ褒め。

 かたや、手頃な価格で多く売れていたライバルの国産車に対しては、「見せかけだけの新しさ」「俗悪趣味」といった手厳しい言葉が並んだ。うわべの目新しさにとらわれ、安全性や快適性をおろそかにする国内メーカーの、短いモデルサイクルごとに買い替えさせようとする安直な姿勢を叱った。

出典 http://withnews.jp

徳大寺さんの本音がここに

間違いだらけのクルマ選びを読んで、いまだに記憶に残っていることが1つ2つ。

車作りにおいて1番大切なものは何か?それはコンセプトだとおっしゃっておられた。

つまり何を目的に車を作るのかと言うことである。

また車の良し悪しを判断するのは、全てはパッケージングであるとも言われていた。

コンセプトは車の使用目的であろう。

パッケージングは車の主要な装備を意味する。

日本の車に対して極めて辛口の意見が多かったが、その理由の最たるものが今挙げた2つの項目に対していい加減だからと、本の中で言っていた。

この車の目的は何なんだ。何がしたいのだ。常にこの2つを問い掛けていた気が。

様々な車を運転してきたものにとっては、自分が運転するときに一体どんな目的で車を使うのかをきちんと定義してその上で車をチョイスするのである。





晩年の時の様子

車が大好きだったってことがよくわかりますね。

車をどう使えばかっこいいのかとそのことも一家言あったようですね。

徳大寺さんの周りには常に大勢の人が群がっていた。

Twitterでは

まとめ

出典 http://o.aolcdn.com

モータージャーナリストとしても日本では第一人者だったのだが、その分野に限らず、男性としてのかっこよさでも大変な人気者でした。

言わずと知れた間違いだらけのクルマ選びは何冊も刊行され、どれもみんなベストセラーだったと記憶している。

何年間かは継続して読ませてもらったと思った。

徳大寺さんの常としてなんとなく作る車なんとなく走っている車を全く評価しなかったと思います。

とにかくしっかりとした目的意識が第一なのです。仕事で使うのか遊びで使うのかただ飾っておくのか、それらにおいていかにはっきりと答えられるか。

本が刊行された頃はドイツのフォルクスワーゲンやゴルフをとても高く評価しておりました。

理由は1つとにかくコンセプトがしっかりしていること。その点に大変な価値を見出していたのです。

これらの車に比べると日本の車はどれも皆はっきりとはせず、ぼんやりとしたイメージだと、酷評しておりました。

私の場合、車の使用目的はどこまでいってもタウンユースです。

まず片道8キロほどの通勤に使いますし、後は買い物でしょうかね。またちょっとした用事足し。

この目的で使える車ならば、はっきりって何だって言いんですが、たまたま縁があって手に入った普通の乗用車を使っています。

さしたるお金もかけられないので、とにかく安価なものをと思って運転をしています。

しかし車は不思議なもので人となりを表すとても重要なアイテムでもあるわけですね。

徳大寺さんはそこら辺もよくご存じで、彼は自分が運転する車の助手席には女性しか載せないと決めていたそうですよ。

今振り返ってみてもとても面白いですし、いまだに参考になる事しきりです。

さていつものように記事作成はキュレーションサイトで行いました。

いつか徳大寺有恒さんの記事を書きたいと思っていたのでAIその他を総動員して検索。

調べてみて、いかにいろんな人たちに愛されていたかそのことがよくわかりました。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸