伝説のF1ドライバー アイルトンセナ 色褪せることのない人気

ニュース

伝説のF1ドライバー アイルトンセナ 色褪せることのない人気
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

出典 http://cd-racing.net

色褪せない人気の秘密とは

イタリアに散った孤高の天才ドライバー

没後20年と言われてから既にもう5年が経とうとしているわけだからずいぶんと昔の話になってしまった。

アイルトンセナ まさに伝説のドライバーである。

細面の憂いを秘めた表情、神がかり的なドライバーテクニック、それらが彼の魅力を最大限に引き出し、熱烈なファンは未だにファンであり続ける。

ブラジル人の彼はブラジル国内では知らない人がいないくらいの超有名人。

サッカー以外の有名人では彼ぐらいだろうか。

はるか昔いたF1ドライバーにエマーソンフィッツバルディーがいたが、そういえば彼もブラジル人だった記憶が。

もともとモータースポーツはヨーロッパのものではあるのだが、F1その他の人気とともに、今や全世界共通のものとなっている。

どれほど多くの人々を感動させまた悲しみに暮れさせたか

現役時にはその走りから「プロフェッサー」の異名をもっていた(名前の“プロ”にもかけている)。ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、アイルトン・セナとは、1980年代から1990年代前半のF1を代表するドライバーとして、纏めて「四強」「ビッグ4」「F1四天王」等と称される。特に、再三チャンピオン争いを演じたセナとのライバル関係は度々話題に挙がり、日本では2人の対決は「セナ・プロ対決」と呼ばれた。

F1で通算51勝をあげており、2001年にミハエル・シューマッハが更新するまで最多勝記録であり、現在では歴代3位[1]。通算4度のドライバーズチャンピオン獲得は、シューマッハの7回、ファン・マヌエル・ファンジオの5回に次いで、歴代3位[2]の記録である。現在、フランス人で唯一のF1ドライバーズチャンピオンでもある。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

日本にも熱烈なファンは数多い

セナの神がかり的なテクニック

セナ足
セナのテクニックでよく知られるものに、コーナーでアクセルを小刻みに煽るドライビングがある。日本では『セナ足』と言われるそのテクニックは、進入時の安定性を向上させるとともに、コーナー脱出時の早いエンジンの吹け上がりをもたらしていた。小刻みで独特な回転数コントロールは、元々ターボのタービンの回転を高く保ち、いわゆるターボラグの発生を抑えるためとされる。しかし、セナ足はカート時代に編み出されたテクニックであり、それ以降の下位フォーミュラ、F1でのターボ、NA関係なく見られた。それらのことから、上記の説には異論もある。セナは、「セナ足」をターボに限らず、コーナーの立ち上がりで可能な限り早く加速するための技術として完成させた。

セナ以前にもケケ・ロズベルグが「ケケ足」として類似したテクニックを使っていたが、ロズベルグのそれは、まさにアクセルを「小刻みに煽る」のであり、セナのそれは一秒の間に6回ともいうアクセルコントロールによる開閉の繰り返しであり、煽るというより痙攣に近い頻度のものであることが、テレメトリーデータから分かる。それらから、ロズベルグなどの「ケケ足」とは全く異なるテクニックであるとされる[14]。ホンダのエンジニアがエンジンの動弁系にドライブ・バイ・ワイヤ[注釈 8]を採用する際、信号のノイズを除去するためのフィルターを設けていた。しかし、セナ足によるアクセルワークが、ノイズとして識別されるほど微細で敏速であったため、アクセルワーク自体が無視されてしまうという、セナだけにしかあり得ないトラブルが発生していた。この問題の解決には四苦八苦したとのこと。

セナ足については、その理論的・実践的根拠を求めて日本国内のF3000級(当時)のプロドライバーたちが検証したことがあり、その結論は「分からない」。中谷明彦は「常人の理解を超えた領域でのテクニックだろう」と語っている。これらから、限界点の抽出、荷重のコントロール、人間トラクションコントロールなど、一般に思いつく単純な理屈だけでは説明が付かないとも言われる。チームメイトだったプロスト、ベルガーもセナ足を試みたが、いずれも再現は不可能との結論に達している[15]。

このテクニックにより、多少燃費は悪くなるものの、その後のストレートのスピードで大きく差がつく。1988年には、同僚のプロストにテレメトリーのデータでは常に100 - 300回転ほどの差を付けており、プロストが「ホンダはセナにいいエンジンを与えている」と疑っていた。後藤治によると、ホンダの調査ではプロストはシフトアップをセナより早いタイミングで行うため、高回転域を使い切れていないことが原因としている[16]。1989年第12戦イタリアGP・モンツァ・サーキットでは、予選時に高速レズモ・コーナーにおいて、ホンダV10エンジンをプロストより1000回転も高い領域で使用していたという。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

Twitterでの投稿

最後に

出典 http://pbs.twimg.com

以前本田宗一郎とNHKの取材番組で共演したことがあった。

本田宗一郎は彼アイルトンセナを心から愛し、またセナ自身も、本田宗一郎心から敬愛していたとされる。

本田宗一郎やセナの車に対する想い入れは半端なものではない。

彼らのような2人がいたからこそ今日の車の文化があると言っても過言では無い。

当初アイルトンセナの事故死には様々な憶測が流れていたが、映像にもある通り複数の原因が同時に重なったためと思われる。

あまり思いたくは無いのだが、セナが事故起こす94年は、F1のレギュレーションが大きく変更になって、状況が一変したことを思い出す。

私が聞いたところでは、タイヤの幅も確か狭くなったと記憶する。当然グリップ力が弱まるのだから、事故に無関係とは言えないはず。

今は当時よりもはるかにF1全体の性能も上がり、レースは面白くなっていなければならないはずなのに、昔ほどみようと思う気持ちが湧いてこない。

Twitterの意見の中に、セナの死とともに、F1人気も没落していったのだと辛口のものがあった。

確かにセナの死後、私は録画でF1を見る事を趣味にしていたが、それもなくなっていった記憶がある。

今ではほとんど見る事は無いので、残念ながら今の最新の情報など知る由もなく。

しかしかつてのように、大いに盛り上がってほしいと思うのは独りよがりな意見なのか。

このモータースポーツで培われた様々な技術が、今の車の文化を支えているのだとそう考えるのだ。

ぜひともレースの面白さと、車の技術発展、そして車文化の向上のためにもう一度盛り上がる事は難しいのだろうか。

ネットを検索していてアイルトンセナの名前がヒット。

彼が事故死したときのリアルタイムの放送を聴いていた(見ていた)記憶がうっすらと。

セナが事故死したとの報道は、確か明け方知ったのだがそのまま飛び起きるほどびっくりしたものである。

懐かしさと、様々な思いが交錯して記事を作成することに。

かつてセナと同僚であった中島悟は奇しくも私と同い年である。今は彼の息子が後を継いでいると聞くが、詳しいことは、全くわからず。

私以上のファンは山ほどいると思うので詳しい方がおられればぜひとも教えていただきたいもの。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう