自動運転 搭載車 未来はすぐそこに

ニュース

自動運転 搭載車 未来はすぐそこに

出典 http://www.imart.co.jp

ここまできている今現在のハイテク車達

最近の車に運転アシストの様々な装置が搭載されている事は大体は知っている通り。

運転手が全く関与しない自動運転は、今の段階ではまだ実用化にはなっていませんが、おそらくあと10年そこそこで運用される可能性が。

古い車ならば、せいぜいついているのはアンチロックブレーキと、後は少し高級な車の場合、トラクションコントロールがついているでしょうか。

最近の車になると、車庫入れとかを自動でやってくれるのですね。

この映像では今あるハイテク車の紹介がされています。

楽ちんであると感じると同時に、まだまだ人間が見張っていることが必要なんだなと、どちらかと言えば自動運転とは言いつつ、運転手を行動にサポートすると言ったほうが正しいんでしょうね。

こちらは三菱での実験の様子

やはり最新鋭のGPSは不可欠です

このような検証を繰り返しながら技術はどんどん進化していくのですね。

車の作業は日本のお家芸ですが、このようなハイテクでありながら地道な研究が今現在の車の運用を支えているんだろうと感じます。

一般の市民でも普通に手に入れられるレベルにまで改良されるのならば、大歓迎だと考えますがいかがでしょうか。

トヨタのコンセプトカーですね

やがては実用化を目指すということなんでしょう

トヨタのコンセプトカーは優れたAIが搭載されています。

英語なのでやりとりがいまひとつピンときませんが、どうやらAIがドライバーに様々な提案をしているようですね。

車が動き出してからも、周りの状況を瞬時に判断し、状況をドライバーに説明しています。

ドライバーはAIと会話をしつつ、目的地まで運転席に座っているわけです。

特にこれからは、ナビがフロントガラスに直接投影されることも実用化になるはずですから、情報はドライバーとAIがお互いに共有することになるのでしょう。

しかしながら、ドライバーが全てお任せでも、充分に運転可能かなと感じます。

Twitterでの投稿

とても鋭い指摘がなされていますね

自動運転化されたハイテクマシンの車と、それとは逆にレトロな旧態然とした車が同時に存在する事は、当たり前すぎるかなと思います。

公共の道路では、どんな車でも車検さえ通れば走れますから、様々な車がその性能如何にかかわらず、自由に運転できるわけですね。

運転の大きな特徴として、同時に様々な目的を持った車が存在すること、ここに尽きると思います。

指摘の通り自動運転搭載車は、見る限りでは該当車両1台限りの情報で動いているようにも見えます。

。ハンドルを握ればすぐにわかることですが、交通は様々な車とのやり取りで成り立っているわけだから、そこら辺のスムーズさはまだまだこれから検証しなければいけないでしょう

まとめ

出典 http://clicccar.com

自動運転は、私にしてみれば夢のような未来の話し そう思います。

しかし今の科学技術の発展や、様々な社会の情勢を考えるとこのようなハイテクなマシンが時代を席巻しつつある事は当然の事のような気もします。

一昔前の車ではあり得なかったことが、今は少しずつ実用化される時代に。

カーナビなんてものも、ここ最近になってからの印象を受けます。

私が現在乗っている車には搭載されていません。

ほしいとも思いませんし、よほど遠くに行って道案内を頼むような時でも、ナビに頼んで、その通りに運転する感覚が正直理解できません。

しかし最新のコンセプトカーを見ると、単純に素敵だなと思いますよね。

車の技術に関して言えば、ドライバーや周りの歩行者や自分以外の車の安全を、どれだけ間違いなく確立できるか、そこを外すことにはなりません。

安全は、経験から見て掛け声だけでは無理だと思うわけです。

また小手先のテクニックでごまかそうとしても思い通りにはいかないと感じます。

結論として言える事は、運転し、運用するのはわれわれ人間の側だと言うこと。

どこまでも利用者本人の利益にかなわないのならば、実用化は難しいでしょう。

様々な車のニュースがある中でタクシーその他で自動運転の実証がなされていました。

そのニュースからたどっていくと今日こしらえたような記事の内容に。

夢のあるお話ですが、どうしても大きな利権が絡むのも事実でしょう。

運転することが大好きな者として、素直に自分自身の運転を助けてくれるシステムを歓迎したいと思いますね。

記事作成はキュレーションサイトで行っています。

AIに様々な提案を示してもらってまとめあげています。

慣れてしまえば、とても楽ちん、かつ楽しい作業ですね。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ