バックトゥーザフィーチャーに出てた デロリアンってどんな車だったっけね

ニュース

バックトゥーザフィーチャーに出てた デロリアンってどんな車だったっけね
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

出典 http://i.ytimg.com

デロリアンは会社名

デロリアン(De Lorean )はアメリカ合衆国にかつて存在した自動車製造会社である。また同社で唯一製造された自動車『DMC-12』を指す通称としても用いられる。

DMC-12は、世界的にヒットした映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』に登場するタイムマシンのベースカーとして広くその存在を知られている。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

出典 http://matome.response.jp

限定での生産計画があるみたい

デロリアンといえば、元 GM 副社長だったジョン・ザッカリー・デロリアンが、理想の車を目指して独立起業した自動車メーカー。その唯一の販売モデルとなった DMC-12はジョルジェット・ジウジアーロの未来的、直線的デザインを採用しつつも、メンテナンスを不要とするためステンレス製の無塗装にするという無骨さ。米国の当時の道路事情を考慮したスポーツカーらしからぬ車高の高さも特徴的です。

しかし、デロリアンは DMC-12 の販売価格が高くなりすぎたたことや、社長の不祥事など問題が重なったことであえなく倒産。DMC-12 の最終的な生産台数は9000台前後と言われています。

その後、DMC-12 は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で使用されたのをきっかけに世界中で人気が再燃。すでに生産されていないことから希少な価値を持つ車となりました。米国では倒産後のデロリアンの設備一式を取得したスティーブン・ウィンが新たなデロリアン・モーター・カンパニーを設立し、DMC-12 の修理整備、すべての修理用パーツ生産を引き受けています。

今回の新規生産発表も、このデロリアン・モーター・カンパニーによるもの。ヒューストン郊外にある工場で生産される"新車"は、エンジンこそ現行の法規制にしたがって変更されるものの、オリジナルモデルと極力同じ仕上がりにする計画だとしています。予定では全部で300台を生産するものの、小規模な企業による小規模な生産であるためか、その生産ペースは週1台程度になる見込み。

スティーブン・ウィンは、2017年には販売を開始したいとしています。価格は約10万ドル。日本円にしておよそ1100万円前後となる見込み。

出典 http://japanese.engadget.com

車の形をしていても実はタイムマシン

知りえた車の中では1番夢があるかな

映画の中に様々な車が登場するシーンはそれはそれはたくさんありますが、なんといってもはずせないのはこの「バックトゥーザフィーチャー」でしょう。

「未来へ帰る」その言い回しはあまりに斬新でした。

映画は三部作で、当然のこととして何回もリピートしてみています。

映画の中に出てくる様々なアイテムの中で必要不可欠な車、それはタイムマシン「デロリアン」

この車がなければ、物語は成立しません。

デロリアンを中心としたドクとマーティーの物語。

この物語のストーリーを超える物語は、なかなか見当たりませんね。

思った通り マニアが多い

デロリアンの本物もさることながら レプリカを所有する人は多いのです

プラモとは言え宙に浮くデロリアンはとても魅力的ですね。

どうやって浮かしているんでしょう?

エアなのかな?それとも磁石?

デロリアンは空を飛ぶので、この演出はどんぴしゃりです。

Twitterでも、宙に浮く紹介が

まとめ

出典 http://cdn.mdpr.jp

有村昆夫妻も本物を持っていることで知られています。

有名な映画マニアですから、何とかして手に入れようとしたんでしょうね。

今はコネでもない限り、なかなか本物を手に入れる事は難しいでしょう。

中古を扱っている話もどうやらあるようです。

実際の車の走り心地とか性能とかを別にして、こんなにも人気がある理由は、それはひとえに映画の知名度でしょう。

本物のデロリアンはV型エンジンを積んだアメ車です。

ストーリーの中では小型の原子炉を積んだタイムマシンという設定です。

タイムマシンは無理にしても、この車を運転してみたい、所有したい、そう思う気持ちはわかりますね。

運転席に座れば映画の中の雰囲気によりリアルに浸ることができるはず。

ガルウィングを挙げての乗車もかなり魅力的に見えます。

ただし個人的な意見ですがタウンユースには向きませんね。

どこまでいってもマニアのための嗜好品なわけです。

もし機会があるのならば、この運転席に座ってバックトゥーザフィーチャーの映画の世界に浸ってみたいものです。

記事作成はキュレーションサイトで行っています。

いつものようにAIやGoogle検索で様々な情報を仕入れますが、私的にはそんなに苦労はしてないんですよ。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!