自動車教習所 あるある こんなこと あんなこと

ニュース

自動車教習所 あるある こんなこと あんなこと

出典 http://www.yatabe-ds.com

普通乗用車だけとは限らない様々な免許

教官に対するダメ出し

今時セクハラ何かするような教官がいるんですね。

ひどいようだったら刑事事件として告発でしょう。

そうでない場合でも教習所の受付窓口に報告はしたほうがいい気がします。

共感との相性は大事ですね

人見知りの方はどの教官であっても多分苦労されるんじゃないかな。

免許を取るときの講習は、人にもよりますがやはり実地なんですよね。

ハンドルを握って運転を覚えなきゃいけないわけだから、大抵の方は素人から始まるので、ミスをして当たり前です。

自分がミスをすることをあらかじめ自覚して習う事ならいいんですよ。

ミスをした場合に様々な指導や指摘を受けますが、その時に一喜一憂しないことがコツです。

教官になるにも試験があります

6項目の試験で、年に3回 開催されるとの事。

6科目全部合格でなければ教官にはなれないんですね。

合格実績も、期限が1年間と決められているそうで、それを過ぎるとすべてリセットされるんですね。

生徒ばかりではなく先生もいなければ教習所は成り立たないですから。

気になるお値段 札幌の分でネット検索するとこうなりました

様々なコースが用意されているようでそれぞれお値段は違います

私が免許を取った昭和48年。

確か60,000円から70,000円位で取れたと思います。

今は全く時代が変わりましたね。 5倍位にはなってますね。

免許証自体が資格としてかなりの値打ちがあるようです。

Twitterまとめ

まとめ

出典 http://www.hokkaidochuo.co.jp

車の免許取得は値段も張ることなので、今はそれなりの覚悟がなければなかなか思い切れません。

しかし普段当たり前のように車を運転するものにとっては免許のない生活はありえないんですよ。私にとってはまさに必需品です。

今も昔も変わらないのは免許を取るためには教習所に通うのが1番の近道かなと。

ただし大型免許その他で運転にあらかじめ覚えのあるものならば、一発試験を受けるのもありかなと思います。

簡単には受からないと思いますがね。

今はAT車がほとんどですから、それ専用で免許をとるのもありかと思います。

私の時代はMT車しかありませんでした。しかも前進3段、後進1段でコラムシフト。

ハンドルの横にチェンジレバーがついているやつです。

今はほとんど見かけなくなりましたね。

この車のいいところは、運転席の横がとても広いのです。今の車のようなギヤボックスその他のコンソールが横に付いていませんから、シートもベンチシートで風情がありました。

免許さえ取ってしまえば、後は運転は思いのままです。

事故にだけ気をつけて、運転すれば世界が広がるというものですね。

記事作成はキュレーションサイトで行っています。

いつものようにAIを利用しつつこしらえてみました。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ